ラブホと言えば、自由の女神が目印のサンタモニカ

金沢市の駅から近いコンビニでいつも待ち合わせをする僕のセフレは、
20代の女優並みの美形で、もちもち肌です。
社交的な優しい口調に雰囲気、それに性格の良さがさらに彼女の魅力を引き立てます!
ATMに行った後、

金沢市のラブホテル(サンタモニカ)に入った時、

キレイなお肌とEカップの巨乳に色っぽい身体つきがとっても魅力的な彼女!
ルックスも幼顔で、素晴らし過ぎる身体とのギャップがありすぎます。
白い肌にエッチな下着。
騎上位、正常位、バックと行き大量放出。
かわいらしい秘部で、毛も手入れしていて薄いです。
最初はゆっくりと腰を動かします。

地元出身社長、北陸81・5% 東京商工リサーチ

 東京商工リサーチ

 東京商工リサーチがまとめた2017年の「全国社長の輩出率、地元率」によると、北陸三県に本社を置く企業の社長のうち、地元出身者の比率は81・56%だった。全国9エリア中5番目の高さで、富山が最高の82・46%(全国12位)、次いで石川が81・49%(14位)、福井が80・52%(19位)だった。

 人口当たり何人の社長を輩出したかを示す「輩出率」では、北陸は0・854%だった。内訳は福井0・958%(全国11位)、富山0・887%(17位)、石川0・753%(27位)となった。

 東京商工リサーチは今回の調査に関連し、昨年に新設された法人の増減率が富山はマイナス9・5%だったことに触れ、「起業ペースの鈍化が社長輩出率の低下につながる可能性がある」(担当者)とした。

 社長の地元率は全国平均79・78%で、エリア別のトップは北海道の87・96%、都道府県別では沖縄の92・91%だった。輩出率は平均0・645%、エリア別では四国が1・137%、都道府県別では徳島が1・407%でそれぞれ最も高かった。

掲載URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00644736-hokkoku-l17